2006年10月16日

虐め

私が本当に腹が立つ話題がこの「虐め・虐待」関連。
読まずに居ればいいのに、ニューストピックに上がるとつい手が伸びてしまう・・・

幼児虐待の記事は何度か書いたけど、
弱いものを虐めて自分を確立させようとする卑怯な輩の思想が全く持って遺憾。
自分が弱いから、もっと弱い立場のものを苦しめて自分の位置づけを確定させようとする。あまりにも卑怯で卑劣で無理やり過ぎる。

小さな子供ばかりが虐めを受けてるわけじゃない。
今回の福岡県筑前町の中学生2年の男の子が自殺した事件。
この事件は毎日トップで取り上げられてるが、
毎回見るたびにはらわたが煮えくり返るほど。


子供同士の虐めは、もうどうやっても終わらない、なくならない、
もうどうしても無くすことは無理。私は諦めてる。
でも、その虐めの事実をどこまでキャッチできて、どこまで食い止められるかが重要でしょう!?

その重要な部分を一番把握しなければならない、
解決させなければいけない立場の人間がねぇ。

まさか、その担任教師の心無い発言が発端となっていたなんて。
言語道断。もう、怒りを通り越して・・・人間が空しく感じてくる。

「一生懸けて償います」だってさ。
何をどうやって償うのか明確に宣言して。

教師辞職して寺に入門して人生と人間について悟り開いてくれたりするのかな。

教育して、しつけをして、社会に出て行くためのノウハウや、礼儀、知識など子供にとってとても大切なものを教える立場の教師が、
子供の心を傷つけ、死に追い詰めるなんてね。

犠牲者はこの亡くなった少年だけではありませんよ。
他の生徒たちも、この悪質な教師の犠牲者です。
悪影響を存分に受けてますから、もう既に。



小学生・中学生の時期は本当に心が敏感で、繊細で、
とても小さなことが、とても大きな問題として捉えてしまうようになっているんだよ。
子供同士の虐めは、将来自分たちが大きくなっても
ずっと心の中から消えずにトラウマになって残ったままなんだよ。
私も実は小学校の時に担任教師に虐めを食らって悲しい思いをしたことある。
この年齢になっても、その時代の悲しい想いが蘇ったりするんだよ。
夢にも出てくるしね。今となっては「あのクソオヤジ」なんて平気に言えるようになったけどさ(笑)
子供の時期は辛いよ、こういうの。

子供の虐めを諭すことが出来ず、
逆に虐めを加担していたかのようなこの教師たち。
事実を見ようとしないで言い逃ればかりしている関連者たち。

もう手遅れだって。
今の時代、昔のように言い訳して逃れようなんて無理だって。
もっと土下座してください。教育者として立派に。

この中学校の全ての生徒たちは、この馬鹿げた教師たちの犠牲者です。


「これからも頑張りましょう」の言葉で締めくくった全校集会。
大人の猿芝居。
子供にはそんな空元気な励ましの言葉、通用しない。
心に伝わらない。
だって、口だけの言葉なんて、繊細な子供たちのハートに訴えかけるなんて不可能でしょう!?

何を頑張るのか・・・ ため息しか出ないわ。
中学校を盛り上げることばかり考えてんじゃないの?
悪いイメージを払拭することしか頭にないんでしょう?
本当に子供たちに頑張る気力を与えようとするなら、
これからも頑張ろう!なんて言葉は出ないね。

事実をまっすぐ見つめ、何が彼を追い詰めたのか原因を徹底的に追究して、
今後二度とこのように同じ悲しい事が繰り返されないように、
お互いが助け合って、人間として厚い友情・絆を結びましょう。


くらい、言ってくれたんだろうね?

頑張るなんて無理だよ、当分。
一人の若い命が絶たれてるんだよ?

彼の死で心が激しく傷つけられた生徒もいるはずなんだよ?
悲しくて、勉強どころじゃない生徒もいるはずだよ?
人なんて信じられない、なんて考え出す生徒もいるはずだよ。
大人なんて卑怯だ、大人なんてなりたくないって思ってる子もいるはずだよ。
反対に、人の死を簡単に考え出す子供も現れるかもしれないね。
苦しかったら死ねばいいんだ、って考えてしまう子もいるかもしれないね。

その子供たちの傷ついた心を、
虐めを促した教師が、どのようにしてケア出来るって言うの?


子供たちの心を、無残に傷つけたこの学校の教師たち。
すっごい大きな責任を感じてくれてるのか!?
子供の心の傷は一生消えないからね。
自分たちの責任逃れの理由ばっかり考えてんじゃねーよ。


ラベル:child abuse
posted by みよん at 15:52| ソウル 🌁| Comment(0) | 私の気になるニュース>社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。