2006年09月23日

クオンサンウ!!

ジテさま、ごめんだよー。今日はクオンサンウで行きますダッシュ(走り出すさま)


先回のブログで「クオンサンウ」の文字を出してしまったばかりに、寂れた我がブログの本日のアクセスがうなぎ上りに・・・やいのやいの〜ぴかぴか(新しい)
つーか、喜んでもいられない。なんとなく申し訳ない気分だったりする。
別にいいんだけどさ、他人のことなんて。だけどサービス精神旺盛な私はこのままじゃ気が済まなかったりする。
せっかく忙しい合間をぬって、クオンサンウ会いたさにわざわざここへいらした方たちに何らかの情報提供をお持ち帰り頂きたいと思ってしまうわけで。

しかし私、クオンサンウについては全く知らないわけで、名前と顔が一致したのもまだ最近だったりする。これでとりあえず、イ・ビョンホンとクオンサンウとヨンさまとチョンウソンくらいは覚えたぞ!(ハンソッキュとジテ以外でね)もうすぐだ・・・あと少しだ・・・ガムバレ・・・


んで、クオンサンウなんだけど、

「野獣」まだ見てねーし、他の映画も見てないし、「悲しき恋歌」ひとつだけしか見てない私が彼を語るのはおこがましい限り。

※「美しき野獣」いつになったら空きが出るんだYO!!そんなにサンウがいいか!?そんなにサンウファン多いのか?!同じ人が何度も借りてないか!?名古屋ではレンタルビデオ料金→100円/一個 だぜぃ!新作は300円!こんなんだから同じ人が何度も借りちゃうんだよ!だからって値段を高くしろって言ってねーし!いい加減、野獣見たいっつーーーーっのっ!!!


巷では、
韓流はオバハンだけの特権だ!みたいな空気を漂わせているんだが、(韓流ババア呼ばわりだし)

私の周り、結構若い子でも韓国マイブームの人すごく多いよ。
やっぱ絶大な人気は→イ・ビョンホンだったりする。
どこかにジテファンいないかなぁ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

20代後半から30代にかけて(これって若い子とは言わんかな?アハハ)立派な韓流ババアの仲間入りでしょうか。んじゃ、ええよ?ババアで構わんよ!?
んで、サンウファンの友達が一人いるんだが、
そいつとお茶しながら韓流トークをぶちかましていたわけさ。

私:「クオンサンウ、そんなに良いの??」
友:「いいねぇ〜〜〜〜黒ハート揺れるハート黒ハート揺れるハート黒ハート(目がハート)」
私:「どこがそんなにいいの?」
友:「う〜〜〜〜〜ん、 か・ら・だ ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)(←想像してるらしい)」
私:「・・・・・」


その後なんらかの機会があってサンウの上半身裸体の写真を見たんだが、



出木杉くんでした。


プロテインオーラ爆発。


どうやって作ったんだろ、あの身体。


顔はアジア系、身体は欧米系、って感じ。


合成写真だったのかも!!???




確かに素晴らしい体型ではありますた。私の韓流フレンズはみんな「身体がス・テ・キ!」とほざいてる奴ら多いです。
かく言う私も面食いの方ではないので文句言えた義理じゃないですが・・・
私は別の視点で男性の魅力を味わうタイプなんで、
例えばジテさま。(例えんでもジテオンリー)
彼の場合なんと言っても笑顔にノックアウト。
「オールドボーイ」のジテには惚れんかったけど、「春の日」のジテに完璧やられましたから。
普段はクールに決めててOKなんです。普段でもヘラヘラ笑ってるヨンニムみたいなのは御免です。
ただ、ふとした時に優し〜〜〜く見つめ返してくれる笑顔にヤラレルんですな。
私はどうもこの、男性の自然な笑顔に惚れこむ習性があるみたいなんだな。


んで、サンウに戻す。
「悲しき恋歌」全20話、良かったですYO(終わり)


くどいようだが、こっち方面の地域はレンタルビデオがとても安くて、全20話の長編韓国ドラマも痛手ではない。ビデオ一本につき2話ずつ入ってるんで、合計10本=1000円ですな。
ネットの動画配信でドラマを見ると、一話=315円でしょう!?お得なセット割引もあるみたいだけど、それでも高い!
ちなみに「火の鳥」はレンタルビデオに置いてないのでネット配信で見たんだよ。5000円以上したよ。しかも期限つきだから急いで見ないといけないし。


んで、「悲しき恋歌」だけど。(しつこく書く)
私は第1話が一番好きだな。子供時代の話。あの男の子、ホント良かった。
子供時代のストーリーが一話だけってのが不満。
とにかく泣いた。一話目でこんなに泣かされるとは・・・

ところで韓国ドラマって、
交通事故シーン多いですね。そしていつもながらヒロインの女がわがまま過ぎる。あり得ない設定も多いがご割愛。

私はサンウよりも、彼女の目を治してくれた「金持ちの御曹司(名前忘れた)」の方が良かったぞ!!!
あの話、無理がありすぎるって〜。キムヒソンはどっちも選べないでしょうにー。選んだけど。

私はひねくれた性格なので、
韓国ドラマや映画を見ていると、必ず主人公の女を敵対視してしまう。
そしてライバル的存在の女の方を応援してしまう。
だって、あり得ないくらいわがままなんだもん。許容範囲外だし。
それでも男は愛を貫くために必死だし。
本当の韓国カップルもあんな風なの?あれじゃあ男達、気の毒すぎ。
私もわがままだけどさ?あれよりはましだよね?(自問)

韓国ドラマはやっぱり面白いね。グズグズ、ドロドロしてて。
必ず「金持ち御曹司・お嬢様」登場だし。そして単なるラブストーリーだけでは終わらせない。そこには企業にまつわる陰謀なんかも組み込まれてて、一個人が大手企業を巻き込むなんぞあり得ないストーリー展開となってたりするし。そこがまた、安っぽい恋愛物語にならなくて重みがある。

韓国ドラマは脇役の役者さんたちがよろしい。味があって個性的で、そこがまた飽きさせない。
キムヒソンの叔母さん役だった人(名前が分からんくてごめんよー)あの人がまたいい味出しててナイスでした!スキンヘッドのオッパもインパクト大で和ませてくれました。ちなみにサンウのパパ、あの人は最後までしょ〜もないで終わってしまいました。パパ役は、サンウの名前を変更させるためだけに設定されてたんでしょうか・・・

あの終わり方は良かったです。あれでよかったんです。
最後はああでなくてはいけません。二人の愛は永遠となりました。
愛とは、どれだけ長く愛したか、じゃないんです。
どれだけ深く愛したか、なんです。たとえ短い期間だったとしても、彼は自身の愛を最期まで貫いたから。
そして利己的な解釈するなら、
あのストーリーはハッピーエンドでは納得いきませんから!
「俺が生涯をかけて罪の償いをするから」と言ったサンウの言葉は本物となったんですから。

韓国の俳優は演技が上手いですね。たぶん、日本より優れてると思う。
韓国ドラマ見た後に日本のドラマ見ると・・・なんか、、、ねー。学芸会を見ているようです。とにかく子役が良い!子供の演技に翻弄させられるなんて予想外でした。あの、パーマ屋の女の子、時代遅れっぽいヘアスタイルがナイスだったけど、見事な演技で驚きました。

てなわけで、
全然、ドラマレビューになってなかったりして、スンマソン・・・
これからはサンウの映画も見ようと思ってます。


追記:このあいだ、サンウが新作映画のプロモで来日してましたね。アンガールズが特別ゲスト出演してたけど。私が驚いたのは、サンウのかっこよさよりも引けをとらないアンガールズの背の高さ!!サンウより高いんだよ!?韓国タレントが来日するときはいつもパーソナリティの日本人達、顔半分くらい背が低くて悲しいんだけど、アンガールズ、ナイスです!
サンウのおかっぱ頭にショックを受けるファンも多いと聞きましたけど、
あの映画、おかっぱ頭が苦にならないほど素晴らしい内容らしいじゃないですか。泣けるんだって!
posted by みよん at 19:05| ソウル ☀| Comment(11) | LOVE 韓国>K-POP/映画/韓ドラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検索キーワード

chicoちゃんとこで検索ワードの記事が載っていたので釣られてみました。
うちもやはり「日韓恋愛」で来てらしてる方が多く、ホント申し訳ない気持ちでいっぱいなんですが、最近はとくにブログに公開するネタもなく自分でもこの展開に疑問の念を抱いている次第です。


この場を借りて陳謝。

ご期待に添え兼ねない内容でごめんなさぁ〜〜いあせあせ(飛び散る汗)
「クオンサンウ」で来られた方、ご、ご、ごめんなさい!!(←って、こんなとこでまた、この名前出してしまっては・・・)

「韓国 嫌い」でメガヒットしてしまった方、す、す、すみません!(←結構、期待通りだったりする?汗)

「絶望・別れ・すれ違い・追わない・裏切り」などマイナス要素満載のキーワードでヒットされてしまう私のブログ。こ、これは一体・・・ 私、どんな日記を書いてんだろか・・・自分の人生不安になってきた。



しかし。

クオンサンウ強し。


ユ・ジテの特集記事を書いてもヒットされないのに、
クオンサンウって名前を一行書けば、その日のアクセス激増。怖い。(つーか、ごめんなさい)


記念にユ・ジテの渋カッコイイ写真貼っときます黒ハート



sibukakkoii.jpg
posted by みよん at 02:10| ソウル ☀| Comment(2) | ニッキ >つぶやき(日記用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

私と同じB型の妹。小さい時から自由奔放で甘え上手でわがままで、
私は彼女を見ていつも「要領がいい子だな」と思っていた。
私は両親に甘えることが出来なくて、いつも親の目を気にして生きていた。
「あんたはお姉ちゃんなんだから我慢しなさい。」「あんたはお姉ちゃんだから妹に譲りなさい」と、親に言われるたびに悲しくなった。
私も妹に生まれたかった、私もお姉ちゃんが欲しかった、
いつもそのように思っていた。

私は学生のときに母と大きな喧嘩を何度もした。
そのたびに家を出て母に心配をかけた。
私は母がすごく好きだけど、母に確執も持っている。
だからこそ、母と何でも話せるし、母が一番腹立たしくも思う。

ただ甘えるだけだった妹は、そのような心の繋がりを母と築くことが出来なかったようだ。
実の母なのに、何もいえない、相談できない、
苦しくても母を頼ることができない、
私ではなく、妹の方が母と距離を置くようになってしまった。

今日、妹が私の部屋に突然入ってきた。
私たち姉妹はお互いを干渉し合わない。心の内を明かさない。
何か悩んでも、苦しくても、私は妹に何も言わないし、妹も私に相談したりしない。
そんな冷めた関係だけど、
誰も相談する人が居ない妹は、最後には私に頼ってきた。

妹が私の部屋に入ってくるなんて珍しいことだった。
私はマジびっくりしたけど、彼女の小さな勇気に応えてあげたかった。
彼女は私の前で子供のように泣き出した。
無防備な彼女の姿を見て私は、今までよほど苦しんできたんだろうと感じた。

私は言葉がきついし性格もきついので、今まで妹は私を頼るどころか敬遠しがちだった。でも、彼女は、今どうにもならない自分の心の苦しみを誰かに吐き出したかったんだろう。その相手は結局私だったんだ。

私も実は最近、妹の様子がおかしいと感じていた。
悩みがあるとか、ないとか、そんなレベルではなく、
明らかに精神不安定・・・と言うか、うつ病に近いものに感じていた。
明るくてジョークも面白い妹なのに、最近はハジけてない。
気が狂ったのか・・・?と思わせるような言動をすることもあった。
本気で精神科に連れて行こうか、と思ったこともあった。

それでも私たち姉妹はお互いに何も話さないで過ごしてきた。
私から彼女に何か言ったとしても、彼女の気分を損ねるだけだし、
彼女も私のきつい言葉は聴きたくないだろう。

しかし、そんな妹が自ら私の元に歩み寄って来た。
私は彼女の悩みの原因は全て彼女自身の持っているコンプレックスから来ているものだと確信した。
人間は誰でもコンプレックスを持っている。絶対に持っている。
その一番元となる心の奥に潜んだコンプレックスが、気づかないうちに自分の中に根付いている。
そこに日々のストレスや小さな悩みがぶつかり合って、心をどんどん蝕んでいく。
自分では何が原因なのか分からないのに何だかとても苦しい。

原因は人間の持つ魂にある。
人が悪いんじゃない。相手が悪いんじゃない。相手が憎いんじゃない。
全て自分が持つ魂の中に原因があるんだから。

妹は、最近ずっと体の調子も悪く、心も弱っていた。
私が何を言っても聞く耳を持つ人じゃないので、私は放っておいた。
でも、彼女が不安になっているのは明らかに感じていた。

やっと彼女は自分の全てを誰かに曝け出すことが出来た。
それが頼りにならない私だとしても、彼女は誰かに話したかったんだろう。
彼女が「自分の叫びをぶつける壁」に選んだのは私だった。
私は光栄だと思った。

結局、全ての悩みを解決するのは、悩みを持った本人にしか出来ない。
苦しみや煩わしさは他人にぶつけて発散できても、根本的な解決にはならない。
彼女は自分で解決していくと思う。私は彼女の言葉を受け入れてあげただけ。


部屋を出て行く妹の姿を私は見なかった。でも、確かに何かふっきれた様子だったのは感じられた。
実の妹だから、分かるんだよ。
普段、特別な会話をしているわけでもないけど、
やっぱり妹だから分かるんだよね。

久しぶりに妹が可哀想だな・・・と思った。
何十年ぶりかなあ・・・
小さい時に、妹が誰かにいじめられていた時、私が助けてあげたことがある。その時以来かな、妹を守ってあげたいと思ったのは。

大人になってから、妹は自分の人生を自分で歩んでいるのだから、
いまさら私が何かしてあげることもないだろうと思っていたけど。
かわいそうだな・・・あいつ。


余談だけど、

「邪魔」と言う言葉がある。
お邪魔します、とか、あんた、邪魔!とか、
人が人に対して支障をきたす時に使う言葉だと認識しているけど、

でも、「邪魔」の本当の意味は、
自分の心に住み着いた邪悪な魔物のこと。つまり邪悪な魂、煩悩、欲望。


相手が邪魔だと思ったとき、本当にそれが相手の仕業なのか。
相手が本当に邪魔なのか。
もしかしたら、邪魔ではない相手を邪魔だと感じてしまう自分の心が間違っているのではないか?

自分の邪な欲求や願望が相手を邪悪なものとして見てしまうのではないか。

いつも他人のせいにしてばかりいる人が居るが、
この世の邪悪の根源は、自分の中に存在する。
つまり、他人のせいではなく、自分の心に災いの原因がある。

自分の魂を清らかに保てば、煩わしいと思っていた相手が何とも思わなくなる。
自分の魂を強く持てば、悲しいことや苦しいことが「悟り」となって、よりいっそう自分を高めてくれる。


自分の気持ちを変えれば、物の捉え方も、物を見る視点も変わる。
つまり、自分が変われば周りが変わる。
各々の人がそのように意識して変わっていけば、周りがどんどん変わっていって、最後には世界が変わる。

世界は広いけど、
小さな人間ひとりひとりで作られているんだから。
小さな人間の魂が、どれほど貴重で大切なものなのか。
人間はもっと魂の重さを感じるべきだと思う。
posted by みよん at 00:54| ソウル | Comment(14) | ニッキ >つぶやき(日記用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

child abuse vol.2

本日のヤフーニュースより:

虐待:虫歯で見抜く ネグレクトなどの2歳児本数、平均の7倍 /奈良


虫歯の本数によって幼児の虐待が未然に防げると言う希望に満ちたニュース。私が嬉しいのは、このように地域や社会や専門家が「幼児虐待」について、もっと身近に関わって行くという姿勢を造り上げていると言うことです。

虐待の疑いを発見するのは、もはや学校や保育園だけじゃなく、
いつでもあり得る「幼児虐待」の社会での位置づけをして行こうという人々の意識が大切。このニュースはそう言った意味での改革的な動きだと思ってます。


虐待事件は、虐待が酷くなってから病院に運ばれて、医者の通報によって発覚するというケースが多いですが、(手遅れの場合もあり)
今回のこのニュースでは、かなり早期に虐待の危機を知らせるサインになるのではないかと感じます。

病院だけでなく、保育園や幼稚園、小中学校でも同じように子供たちのチェックを日常的に行って欲しいと願います。
一日の中で、子供たちともっとも接しているのは、子供の親と、その先生なのだから。
子供たちの健康管理を重要視するのなら、その要因のひとつである「虐待の恐れ」についても毎日のチェック項目に加えて頂きたいです。
あざがないか、垢がたまっていないか、極度に痩せていないか、視線がうつろではないか、怯えた様子はないか、汚れた服を何日も着ていないか・・・


他のニュースでも取り上げられていたんだが、
虐待について全国的にたくさんの地域が大規模な改正を行ってる。
うん、それくらいしないと。
虐待事件は隠れた部分で起こっているんだから、
わざわざ意識して見つめないと。


警察や行政だけに任せるのではなく、地域が市民が何か出来ることはないのか。そのような一歩進んだ意識が必要だと思う。
「幼児虐待(ネグレクト)に重点を置いた歯科検診」
このような目的で歯科検診を行うなんて、とても発展的だと思う!

がんばれ日本。がんばれー小さな子供たち。

タグ:child abuse
posted by みよん at 00:19| ソウル ☁| Comment(0) | 私の気になるニュース>社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐怖体験

夏も終わりなので怖い話をします(時期はずれだにゃ)。

そもそも私の母は霊感が強い人で、その影響を受けて私も怖い体験を数多くしています。
私の場合は、霊を見た!と言う体験は少ないのですが、
とにかく、言葉では説明不可能な出来事を何度か味わってます。

まず、予知夢をよく見ます。
これが一番すごいと自分でも驚くほどです。
夢で見たことが次の日に起こるんです。マジで怖いです。
特にお葬式の夢を見たときは怖いんです。

次に、霊体験なのか偶然なのか?と言うような曖昧な不思議体験が多いです。
霊体験じゃないよねー、違うよねー、と、自分で思い込んでしまえば、それは偶然に起こった事だと解釈できるようなものです。偶然じゃないとしたらめっちゃ怖いので偶然だと信じ込むのですが。

部屋のラップ現象は日常的に起こります。もう慣れっこです。
最初は「家のきしみの音か?」と思ってたんだけど、
霊能者の人に見てもらったら、どうやら我が家には・・・居るらしいです。ハイ・・・

スプーン曲げはうちの母が得意です。私はできません。

今日は、恐怖体験その1・・・(その2もある予定)

以前、ブログにも書いたけど、私の叔父さんが自殺して亡くなった時の話です。
私は叔父にとても可愛がられていた、と言うことは前回のブログにも書きました。それで私は叔父が亡くなった後、東京に行って叔父の仕事場である「某中学校」に行きました。そこで一人の社会科の先生にお会いしました。その先生は叔父の一番の友達だったそうで・・・学校の中を案内して下さいました。夕暮れ時で、学校が休みの日ってこともあり、学校内は人が居なくて静かでした。
最後に、教員室に案内されました。西日が窓から差し込んでいました。私は叔父の使っていた机を見ました。
机の上にはたくさんの素敵な花が飾られていました。花瓶も大きくて立派でした。私はしばらくの間、何をするわけでもなく、ただ叔父の机を眺めていました。
そして、私が帰ろうとして部屋を出ようとすると、
後ろで「ガシャン!」と、何かが割れる音がしました。あまりにも大きな音だったのでびっくりして振り返ると、
叔父の机の上にあった花瓶が落ちて割れていました。
教員室には私と社会科の先生の二人しか居なかったんです。
社会科の先生は私より前にいらっしゃっいました。窓は開いてなかったので風が入って来たとは思えません。
しっかり安定した花瓶がどうして倒れたのか。どうして机から落ちたのか。
わかりませんでした。

その後、名古屋に戻って祖母の家に行きました。
叔父の親友からバラの花束が届いていました。あまりにも新鮮で真っ赤な色の綺麗なバラだったので、私は祖母に少し分けてもらうように頼みました。
茎が太くて、緑の葉っぱが造花のようにしっかりしていて、バラのつぼみはとても固くて、とにかく花の色がとても美しかった。
たぶん・・・かなり高価なバラだと思う。
仏前にお供えするために届けて下さったものでしたが、お葬式も終わったので祖母は私に全部くれました。

私はとても嬉しくて、家に着いたらすぐに花瓶に活けようとして、
バラの花を包装紙から取り出すと・・・
なんと・・・

つぼみの部分がすべて切り落とされているのです。
しかも、自然に枯れた様子ではなく、明らかに人の手で(ナイフのような刃物でスパッと切られたように)切り落とされていました。つぼみからすぐ下の茎の部分です。あんなにも新鮮で立派に咲いていたのに、たった30分くらいですべての花が落ちるなんて。
私が驚いたのは、その切り口です。全て同じ角度で斜めに切られていました。
花と茎が真っ二つなんです。包装紙から取り出したとき、つぼみがボロボロと落ちる様子は本当に怖いです。

確かに、祖母の家から我が家に帰るまでは、ちゃんと咲いていたはずです。花束を立てて持っていたのに花が落ちることはなかったから。それに、私以外にその花を触った人はいませんでした。
家に帰ってすぐに花束を取り出したので、誰かがナイフで切るなんて時間はありません。たとえ、そんな時間があったとしても、誰がそんな酷いことをするでしょうか?

20本ほどの花束です。全て切られているんです。すごく不思議です。
私は、叔父が何かを言いたいんだろう、と思いました。


その後、叔父の遺品を整理していたら、叔父の写真が出てきました。
学校の校庭で撮ったものらしいですが、真ん中に叔父が写っていて、背景にはたくさんの木が植えられていました。
叔父の後ろにある木の中いっぱいに、人の顔がたくさん写っているのです。
明らかに心霊写真でした。はっきりと写っていました。男の人、女の人、ネクタイをしている人、それくらい鮮明に写っていました。
めっちゃ怖かったです。

母も心配になったみたいで、その写真を霊能者に見てもらいました。
霊能者が言うには、叔父は霊感が強かったみたいで、どうしても写真を撮る時はそのように周りの霊が集まってくるみたいです。
念のためにお祓いをしてもらいました。


ちなみに、
私の周りは霊感が強い人が多くて、そういう人が集まってきます。
うちの母だけじゃなく、友達も、元彼も、先輩も・・・
そして私の韓国語の先生も!なんです!
私の顔を見ただけで私の今まで生きてきた半生を全て当ててしまいます。
それもちょっと困るので、「先生、どうか霊感のスイッチを切ってください。気になって授業ができないですー」と、お願いしたりします。
ここまでくると、世の中みんな霊感師ばかりみたいで怖いです。

元彼の霊体験はすご過ぎます。今度、機会があればブログに書きます。
「アンタ、呪われてるんじゃないの?」ってくらい、酷いです。
元彼が連れてきた霊に私が襲われたこともあります。
その後、うちの妹にも乗り移りました。あれは酷かったです。


UFOも見たことあるんだよ!浜名湖で。あれはすごかった。
その話も機会があれば・・・・・

霊能者が言ってました。人間は誰にでも霊感があるって。第六感ってものがあるんだって。
ただそれが、人によっては敏感だったり、そうではなかったりするだけ。
私はこれ以上は敏感になりたくないです。やっぱり怖いです。

人の心が読めてしまったり、人の人生が分かってしまったら嫌だよねー?
分からないから助かってる・・・ってこともあると思う。
全て分かってしまったら、空しい世の中になるんじゃないか。
そうなってしまったら、開き直って「人の世について悟りを開く」しかないな。

私は、のろまで間抜けな自分が大好きだ!
posted by みよん at 00:01| Comment(0) | ニッキ >不思議 現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

日本女の誇りと韓国女のプライド

最近はちょっとまじめに韓国語の勉強をしてる。しかし韓国語教室では相変わらず先生に恋愛相談をもちかける自分。先生が快く相談にのってくれるので、つい甘えてしまって。
やっぱり、語学の先生は日本語が話せる人が良いですね。そして、日本人の心も解ってる人がベスト。両方の立場で見解できるから。私の気持ちも察してくれるし、彼の気持ちも同じ韓国人として察することができる。

うちの先生はKYUと同じくらいの年齢で、しかも釜山の人なので・・・
なんだか似てる。ソウルの人はどんなだか分からんけど、東京と大阪の違いみたいなもんかなぁ。てことは、私は大阪弁を習ってるんだろうか(笑)でもソウル大学出身らしいので、その点は安心だけど。(って、何が安心なのか。大阪弁が嫌だっつーことではないよー)

んでだな、
このあいだ先生と話していたことですごく興味深かった話。

私が恋愛について困っていると、先生が、
「いっそ、日本人の男と付き合えば?」と、言った。



えーーっ。じゃあ、韓国語教室やめるよ?(笑)


一瞬、私は「それ」を考えた。が、すぐに頭の中で破棄。

まず、相手の男をあれこれ言う前に、自分について考えてみる。

私は図体がでかいし、ごついし、重いし(汗)、
性格はきついし、わがままだし、怒りの沸点が低いし(汗汗)、
言葉もきついし、愛嬌より度胸だし(最悪・・・)、
冷静じゃないし、熱情的だし、
押されるくらいなら押してやる!だし、(意味分からんな)

過去の彼氏に「お前は男だ」と言われたこともあるパンチ(←こういうことを平気でか弱き女に言うところが最悪)(か弱くもないが)

こんな私は、繊細な日本人男性には太刀打ちしてもらえんらしい。
向かっていくと逃げられてしまうから(爆)
かと言って、おとなしくしていたところで向かって来てくれるわけでもない。

なんじゃそりゃ。

「先生、あのねー、一度韓国人男性と付き合ってしまったら、もう日本人の男性とは付き合えないなー」

「なんで?」

「味を占めたから:笑」

上記通りの性格である私にもめげず、直も押しを貫き通すKYUに私は感動した。私以上の熱情とバイタリティを持った人間を今まで見たことがない。
過去に「男だ」と言われた私を「か弱き女」として見てくれた人はKYUだけだ。

たとえ、
それが、
韓国人男性の恋愛に対する戦術だとしても、だ!

私って、女だったんだーぴかぴか(新しい)
って、確信させてくれた彼に感謝する。



ところで私がそう言うと、先生、
「僕も日本人の女性しか付き合えないよ」と言った。

えー、なんでー

先生は過去に3人の日本女性と付き合った経験があるらしい。
んで、日本女性はすごくいい、らしい。

「韓国の女性は、ねー・・・ちょっと、ねー」顔をしかめて言った。

日本の女性の良いところは、

1相手が男でも世話をする
2相手が男でも心配する
3相手が男でも介抱する
4わがままを言わない
5優しい
6親切
7丁寧

なんだって!
先生の過去の彼女たち、ありがとう。日本女性の印象を良くしてくれて。


しかし、だなぁー
123 についてどう思う?
これ、珍しいことか?
韓国の女性は守られるばかりで、男を守るって概念がないのか?
個人的にはそのような環境は羨ましいんだけど、
でもさー、

ちょっと腑に落ちない。


以前、見た韓国ドラマ。

男女カップルがいた。
しかし、男の方は心に悩み事を持っていて、顔に喧嘩の傷がある。
彼の様子を見て不信に思った彼女は彼に言った。
「どうしたの?何かあったの?」

すると、彼は笑顔を取り戻し彼女に言った。
「なんでもないよ。何もない。心配するな」

それでも彼女、心配そうな顔をしている。
すると彼は彼女を心配させないように、こう言った。
「さぁ、おいしいものでも食べに行こう!」

すると彼女、とたんに笑顔になり、
「わー嬉しい。どこに連れてってくれるの???」



この二人のやり取りを見て
「はー?」と思ったのは私だけかな。
これ、あり?

彼の不安そうな顔は確かに悩みを抱えている表情だ。しかも顔に傷があるんだよ?
愛し合う関係なら、微妙な彼の心の悩みも察知できるはずだ。
察知できないのなら、それは彼を愛していない。彼を見ていない証拠。
でも、この彼女は確かに「察知」した。したんだよ。だから一応OKなんだけど、問題はそこじゃない。

確かに悩みがあるはずなのに、
「美味いもの食べに行こう」の言葉に釣られてしまった彼女。
そこで既に彼女は、「彼の気持ちより自分の気持ちを優先している」ってことだ。

まぁ、ドラマの設定上、
男の優しさを表現したかったからそのような展開になったんだろうけど、

日本ならあり得ないね。
彼のことが好きなら、本当に心配なら、
彼が「大丈夫だよ」と、偽りの笑顔を見せたとしても、
絶対に大丈夫じゃないよな、と勘ぐって、
「いいえ!絶対に大丈夫じゃないわ!何かあったでしょう?私に何でも相談して!私に隠し事をしないで!」
と、日本のカップルならこのような展開になるはずだ。
相手が白状するまで詰め寄るはずだ。

間違っても、
「美味しいもの食べに行こう」「わー、ラッキー」
とはならないはずだ・・・と、私は思う。

この韓国ドラマの彼女は、
結局、彼の悩みを知らないままだった。
あり得ない・・・
何度も言うが、
顔に傷があるんだけど・・・いいの?



先生が言ってた。

日本の女性と付き合ったとき、
とにかく彼女がいつも自分の世話をしてくれた。心配してくれたことが嬉しかった。
韓国では立場が逆。いつも男が女を世話している。

日本の女性は、暑くても文句を言わずにじっと耐えている。
韓国の女性は、暑かったら「暑い!暑い!」と訴えて、何とか涼しくしてあげないといけないらしい。

日本の女性は、デートの計画に文句を言わず、おとなしくついて来る。
韓国の女性は、デートの計画に文句を言い、気に入らないと怒り出す、らしい。
↑これも信じられない。

本当のことなんだろうか?過大表現だろうか?


KYUと会ったとき、彼があまりにも甲斐甲斐しく世話してくれるので驚いた。

暑いとも言ってないのに「暑いだろう?」と言って世話をやき、
お腹すいてないのに、「お腹すいただろう?」と言って食べきれないほどの食料を持ってきてくれたり、
食堂に行くと椅子を出してくれて、座らせてくれて、箸も用意してくれて、水も用意してくれて、鍋の食べ物を器に入れてくれて、そこまでしてくれたのに、お勘定は全て彼が払って下さる。(韓国では男が払うのは当然なんだろうけど)
私は寝相が悪くていつも布団を蹴散らすんだけど、それをきれいに直してくれた(らしい)、
必ず私が先に寝るのを見届けてから彼は寝るし、
私が食べたあとのゴミを片付けようとすると、
「お前は座ってろ。俺がやるから」と言って彼が一人で動いている。


つまり、
女はいつも座っていればいい。
その周りで男が一生懸命動いている。
みたいな状況が目に浮かぶ。

これを一度味わってしまっては・・・・・・・・・・・

この私が、だよ?この、ごつくて重い私が(自爆)、
どれほど繊細で弱弱しい女性に変身できることか。


それでもKYUは私に言った。
日本人の女性はみんなそうなのか?みんな、そのように優しいのか?
って。

この私を見てそのように言ったの???

じゃーーーーーーっ、韓国の女性はいったいどんなんだよ??


でも・・・いかん、いかん。
こんなことで安心していてはだめだ。
彼の優しさに甘え、わがままに磨きがかかってはいけない。
もっと彼に優しくしてあげなくちゃ。
もっと彼にお世話してあげたい。



韓国語の先生、今は彼女いないらしいけど、
次の彼女も絶対に日本女性がいい、と言っていた。
タグ:韓国人
posted by みよん at 09:27| ソウル | Comment(12) | LOVE 韓国>韓国人について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。