2006年05月26日

血税の行く末

<国政調査活動費>
5千万円が議員らの飲み食いに消える


衆院議員らが国政の調査活動に使うために税金から支払われる衆院の02、03年度の「国政調査活動費」のうち計約5000万円が、議員らの料亭やスナックなど酒席での飲み食いに使われていたことが分かった。衆院事務局は、こうした不適切な支出が長年の慣習だったことを認めている。



スナックで酔っ払いのオヤジがかわいいね〜ちゃんはべらしてドンチャンするのが「国政調査」なんですかぁ〜。

へぇーいい気分(温泉)
純粋無知な私は全然知らなかった。

2006年05月21日

これが現実

私のIEはYahooがホームに設定されてて、ブラウザ立ち上げれば否が応でもYahooトップニュースが目に入ってくる。んで、新聞読まない私はYAHOOのニュースで世間の動向探る毎日なんだけどね。いつも思うけど、毎日毎日・・・嫌なニュースばかりでホント滅入る。

んで、
ちょっとだけ気になったニュースがこれバッド(下向き矢印)


女性のストレス、トップは「夫」=男性は「妻に安らぎ」

発毛施術サービスの「毛髪クリニックリーブ21」(大阪市)が行ったアンケート調査で20日、こんな結果が出た。
 誰から一番ストレスを与えられるかを尋ねたところ、男性はトップが「会社の上司」で37%。次いで「取引先」16%、「会社の部下」9%と仕事関係が上位を占めた。
 一方、女性の1位は「だんな」。5人に1人がストレスの最大要因と回答した。2位は「会社の上司」だったが、「子供」も3位に入った。
 逆に「ストレスを解消してくれる人は」の質問に、男性で最も多かったのは「妻」(25%)で、2位の「子供」(21%)と合わせ、ほぼ半数が家庭に癒やしや安らぎを感じていた。解消法も「家族とのだんらん」が最多で、「睡眠」「酒」が続いた。(時事通信) - 5月20日15時1分更新



あー・・・
これが現実なのね・・・
結婚って一応は女として「生涯の夢」でもあったりするんだけど、
私はね、好きな人とはいつも一緒に居たいからねー
でもさー、
こんなもんですかね?
実際は。


ま、これも一つの統計学上の数字であって、
ストレスと感じる夫が、全部が全部「悪い夫」と言う意味ではないと思う。その人によって価値観や感じ方も違うわけだし、日本男性が大半「失格」と言う結果を出していると言うことでもないと思う。
ただ、こういう形で統計を出してしまうと、世の中、女性が不満と感じる部分に「一家の大黒柱である夫」がトップになってしまうという現実はやはり空しい。人間にとってストレスは大敵なのに、それが夫だなんて。

問題なのは夫婦間のすれ違い。
夫は妻や家庭に安らぎを感じてるのに、妻が夫にストレスを感じているのを気づかずにいるんだとしたら怖い。つまり、妻が夫にストレスを感じるという割合は5人に一人なわけで、うちの4人はセーフってこと。その4人の妻は夫から安らぎを感じられていると単純に考えてしまうわけだが、でも、もしかしたら5人の妻に安らぎを感じているのに妻の方は4人の夫にストレスを感じていないということも考えられる。とするならば、そのうちの1人の夫は・・・妙に気の毒になったりする。

私が真に言いたいのは、
自分は相手を求めているのに、実は相手は自分を求めていないのかもしれない。
んで、その現実に気づいてなくて安穏と暮らしていたりするのかもしれない。
んで、相手の態度が冷ややかになっていたりするのをふと感じたりして、急に焦りを感じたりする。
しかし相手にとっては、それは急でも突然でもなく、
以前からずっと不満に感じていたことだったのかもしれない。
何度も警鐘を鳴らしていたのにも関わらず、それに耳を貸そうともせず、
自分は相手に対して無関心だったって事を後からになって気づくのかもしれない。

このアンケート結果は笑って済まされる話じゃないと思うんだけどなぁ。私は結構シビアに受け止めている。


仕事の世界に生きる男性にとって安らぎや逃げ場所が「家庭」であるならば、その家庭を守る主婦にとっては夫に対して尽くすべく「安らぎの園」を守り続けなければならない。するべきだ。
しかし、家庭に生きる女性が、その家庭をストレスとして感じた時、
女性はどこに安らぎを求めれば良いのか。どこへ逃げ場所を確保することができるのか。



女性のストレスの発散の場が子供に向けられないことを祈るばかりです。

2006年05月19日

北朝鮮の幼児性

北朝鮮:テポドン発射準備か 
トレーラーなど動き活発

 北朝鮮に詳しい日本政府筋は19日、北朝鮮北東部の咸鏡北道花台郡のミサイル実験場周辺で、長距離弾道ミサイル「テポドン」の発射準備とみられる動きがあると明らかにした。

 同筋は在日米軍などの情報として、先週からミサイル実験場周辺でトレーラーなど車両の動きが活発化しているとして、テポドンを発射する可能性があると指摘した。

 また、ソウルの関係筋は「衛星情報で、咸鏡北道のミサイル実験場付近で先週から活発な動きがあるが、実際にミサイル発射にまで至る動きであるかどうかは分からず、注視を続けている」とした。(ソウル共同)

毎日新聞 2006年5月19日 8時36分




威嚇パフォーマンスだと信じたい。
北朝も拉致問題が大事になってきて重圧感じてるんだ。
だとしたら、やることが幼稚過ぎ。
かといって、ホントに撃っちゃったらそれこそ幼稚だ!!

2006年05月18日

靖国参拝

なんだか最近・・・

靖国参拝騒動も白けてきた(自分の中で)

去年の今頃のブログでは
「小泉さん負けるなー!堂々と参拝しちゃおう〜」

って、
思っていた自分。

でも・・・
こうも隣接する国々から
あーだこーだ言われ続けると
もうなんかさぁ・・・




めんどぃ。。。

⇒ 続きはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。